About

The philosophy of Public Record is one of timelessness. It transcends trends and seasonality. It resists what is disposable or temporary.

Public Record represents both New Zealand and international makers who create work from raw materials and use processes that are specific to their practices. We hope that people who purchase these works will respond to both the personal narratives and skills of the makers. We like to envisage that these works will be kept as family heirlooms that are passed down through generations.

Public Record intends to provide a place and space for cultural exchanges. Our ever-evolving catalogue is centred around two homes: Aotearoa, New Zealand and Japan. As well as representing Japanese artists in New Zealand and offering workshops on Japanese traditional crafts, Public Record also represents New Zealand artists in Japan. We are excited about the possibilities for new understandings of traditional practices.

Yuka O’Shannessy is the founder and director of Public Record. Yuka believes in intentional living and creating a world that is refined, considered and one of quiet beauty.

///

 

Director Yuka O'Shannessy 

Yuka has a unique creative sensibility that is forged from growing up in Japan in an environment that celebrates artisanal mastery. Coming to Aotearoa, New Zealand and pursuing her studies in fashion allowed Yuka to bring that aesthetic to the world of New Zealand makers and artists.

Yuka was the co-founder and creative director of Astute Assembly from 2013 to 2020. Astute Assembly provided Yuka with an immersive environment to experiment with her evolving creative vision, through original pieces of homeware, clothing and art. Yuka also works as a practitioner for her own label, Yuka&Tristan.

As well as representing Japanese artists and craftspeople in New Zealand, Yuka has actively worked with New Zealand artists and craftspeople to profile their work to new audiences in Japan. She has also facilitated cultural and creative workshops such as Kintsugi, Ikebana and Japanese cuisine Omotenashi workshops and holding events in both Japan and New Zealand as a way of fostering a deeper appreciation of the craft history of each country.

 

 

Public Recordは時代を問わず長く愛され続けるTimelessで良いモノ、ずっとそばに置いておきたくなるような作品たちを紹介します。

ニュージーランドを拠点とし、ローカルの作家はもとより世界中の優れた作家に焦点を置き寄り添っていく。自然の恵みから生まれた素材と向き合いながら、各々に美しいこだわりを持つ彼らの背景にあるストーリーと共に届ける作品の数々。それらは確実に買い手の心を動かし、大切な財産となり、次世代へと受け継がれる流れを私たちは大事にする。

Public Recordは常に進化するアートに纏わる場を提供し、ホームベースであるAotearoa、ニュージーランドと日本が中心となる。

日本の作家をニュージーランドの地で紹介し、日本文化や伝統工芸に関わるワークショップなども開催する。作り手の生き方を共有し、それぞれの技術や感性をエクスチェンジして生まれる新たな可能性に胸を膨らませる。アートが未来にもたらす影響の素晴らしさを作家と共に感じたいと願う。

 創立者のYuka O’shannessy(ユカ オシャネシー)は、巧みに作られ洗練された美しい作品には人の心を強く動かす力があると信じ、その土地のニーズを汲み取り、ルールや伝統にとらわれず常に新しい事に挑戦していく。彼女のユニークな感覚は、その道を極める職人が多く存在する生まれ育った日本、移住先のニュージーランドで踏み入れたファッション、デザインの世界の双方から作り出された。 

 

YukaAstute Assembly(2013-2020)を設立し、多くのローカルファンを魅了し、新しいアートやクラフト、ファッションや生活雑貨を通じてYukaのクリエイティブな感性を存分に発揮した。現地のニーズに合わせた展示会のオープニングやワークショップを手がけ、人と人とが繋がる場所を多く設けた。そこでは、人々にアートの世界、日本の伝統の世界をもっと身近に感じてもらうべく様々な工夫を凝らしました。

そのYukaYuka&Tristanというファッションレーベルを持ち、定期的に新作を発表して独自の美学を表現し続ける。

 

Yuka O'Shannessy //

世の中にはどんなに長い年月を経ても称賛され続ける芸術品がたくさん存在する。そんな芸術品を制作しようと、切磋琢磨して努力を惜しまないアーティストもいるが、私は腕の立つ作家が生み出す、親近感あるセンスが醸し出される器や花瓶が好きだ。器であるならば、見せたくなる器。食器棚にただ仕舞っておくのではなく、飾って、ずっと眺めていたくなるような作品に魅かれる。多くの工程を経た後に「良し」と手を止め完成した物を世に送るその願いや、作品のフォルムや手で触れた時に伝わってくる温もりから、作家の人柄や信念(を感じ取る。

 

時に海を渡り、異なる文化で使われる作品がその地でどのように受け止められ、人々の生活にどんな影響を与えるのか。そんなことを見届けるのもこの仕事の醍醐味の一つで、作り手と使い手の梯子役をできることがとても面白い。

 

物が溢れるこの時代に、自分の個性を表現できる作家を尊敬してやまない。オリジナリティーの創造に挑戦し、自分の思いを作品に込め、世に羽ばたかせる。次世代に残したいと思わせる、そんな素晴らしい作品に私は惹かれる。

作家の美しいマスターピースに囲まれて、日々の生活で幸せのかけらを節々に感じ取ってもらいたい。人にもたらすアートのパワーに活力を感じると共に、世界平和を願いたい。

 

明るい未来の為にも、そこにあるだけで人を幸せにする存在感のある作品、そして私が一番重要だと考える作家の遊びココロが見え隠れする作品を発信し続け、色々な世界を繋げていけたら。